無理に苦労はしなくて大丈夫

 

 

takaです。
今日は年配の方々が大好きな「苦労話」
について書きたいと思います。

まず・・・

 

「みなさんは苦労は好きですか?」

好きなわけないですよね。

でも私くらいの世代の親よりも
上の世代の方々は苦労話が好きなんですね。

 

「私が若い頃はこんなに苦労した。
貴方には私の苦労がわからないでしょう?」
「貴方は苦労が足りなすぎる。もっと苦労しなさい!」
とよく言います。

 

「余計なお世話だ!ボケ!」
と言いたいところですが、
この手のタイプの人は苦しんだのは自分だけで
他の人間は楽しかしていない・・・と勝手に思っているわけです。

 

自分よりももっと苦しんでいる人がいるという
想像力がないし、現実を知らないのです。

 

私は占いのクライアントの方々だけでなく
人種や民族を問わずいろんな人に会いましたが
苦労では済まないくらい悲惨な体験を
されている方をたくさん見てきました。

子供の頃から苛めや虐待に遭っている人達。
会社をクビになって家賃も光熱費も払えなくなった人達。

詐欺に遭って数千万円騙し取られた人。
離婚体験者、貧乏体験者なんて沢山いました。

 

イギリスでもよくアイルランド系の人達から
「イギリスからは酷い目に遭った。
自分たちの文化を破壊された」
という恨み話を聞かされました。

 

私も子供の頃からよく仲間外れにされたり
仕事を失って貧乏生活をしたり
離婚したり、家族崩壊とか
他いろいろありますが
それをいちいち自慢したいとは思いません。

思い出すだけでも胸が引き裂かれるような
気持ちになったり、苦しくなるからです。

 

本当に苦しいことはツラくて話せないですよ。
そんな事は二度と思い出したくない・・・!
と思うものです。

こういう苦労話の中に入るのは止めた方が良いですね。

何故なら自分は苦労が足りない。
もっと苦労しなくては・・・と思うようになり
どんどんそういう方向へ行くからです。

 

潜在意識はその通りに苦労する方向へと導いていくのです。

まさに不幸への道にまっしぐら。

思うのは苦労話をよくする人間は
人に厳しく、自分には非常に甘いです。

誰かが酷い目に遭うと「大したことない!まだ甘い!」
と言うのですが、自分が同じ目に遭うとパニックになって泣くわ、
怒るわ、助を求めるわで、冷静さを完ぺきに失います。

 

私は苦労を買う必要はないと思います。

 

でも、色々な世界は見た方が良いと思いますね。
日本を出て他の国に住んで色々な人種と話したり、
付き合ったり本当に楽しいこともあるし
苦しいこともあります。

どちらにしろ苦労なんて
わざわざ買う必要なんてないのですよ。

 

とにかく人の意見に振り回されず楽しむ事に意識を
フォーカスしてくださいね。

takaの天使体験

 

今回はパートナーのtaka経験した
「天使デビュー」のお話をしたいと思います。

 

↓ここからtakaが書いた物になります↓

以前、私は天使の存在をまったく信じていませんでした。
妻がよく天使の話をしてくれたので、
私は試してみようと思いある日、
出掛ける前に紙とペンを机の上に置いて言いました。

もし天使が本当にいるのなら証拠を見せてみろ!」

結局何も起こらなかったので私はいないことにしました。


所がその3日後、仕事から帰宅すると玄関の前に
白い綺麗な羽根がひとつ置かれていました。


私は「あれっ!?」と思ったのですが、
近所にアヒルを飼っている家があったので、
その羽根が飛んで来たのだろうと思いました。


それからが大変で私が行く先々で羽根が落ちてきたり、
羽根が目の前をビューって飛んでいったり、
空から私をめがけて羽根が落ちてきたり、
コンビニに行くとレジの下に羽根が落ちていたり、
道端で羽根が私を追いかけてきたり(笑)


背中に羽根の絵が描いてあるシャツを着た人や
エンジェルの文字をよく見たりするようになりました。


一体何が起きたのだろうと不思議に思っていたある日、
会社で事件が起きました。


当時、薬剤関係の仕事をしていました。
会社に着いて薬の検品をしようと大量にある箱のひとつを選んで
中をチェックしようと薬の入った袋をいくつか掴んだらなんと!
大量の大きな羽根が出てきてしまいました!。


何だこれは!?と思い同僚を呼んで調べました。


羽根は大きめでその辺の鳥の羽根ではありません。
どうして薬の入っている箱にこんなに大量の大きな羽根があるのか?
誰かのイタズラでもないはずです。
衛生にはかなり厳しい会社だったので・・・。


結局はどこからか鳥が入ってきて箱の中でもがいて何処かへ
行ってしまったのだろうということになりました。


しかし、羽根の大きさから見てどこから入ることが出来たのか?
換気扇からでも無理です。
これだけの大量の羽根を失ったら鳥は飛ぶことは不可能です。
血の跡もないし、死骸もありません。


これには不思議なことを信じない人も驚いてしまい、
世の中には不思議なことがあるもんですね・・・と言い合っていました。


次の日も私が会社に来ると会社の女性がホウキで掃き掃除をしていましたが、
何故か大量の羽根がゴミや埃に混ざっていました。


何でこんなに大量の羽根があるのかを聞くと
「まったくわかりません。何ででしょうね?」としか答えられませんでした。

また他の会社に転職した後のことですが、
ある日、会社に着いたら門から玄関まで大量の白い羽根が
桜吹雪のように舞っていたことがあります!。


それも事務所の女性に聞いたら全然わかりませんとしか言えませんでした。
あまりにもたくさんの羽根がしつこく出るので
ストーカーみたいだと思い天使の存在を認めて
「わかりました!天使の存在を認めます。降参します!」
と言ったらその現象は落ち着きました。

 

疑って証拠を見せろ!と言ったのでちょっと過激な方法を使ったのでしょう。
今は羽根の形の雲をよく見たり、声を聞くこともあります。
次回は天使の声の体験を書きたいと思います。

 

思い描いている人と繋がるには

 

SNSで色々な世界で活躍している方と繋がる時代となりましたが、

「こんなタイプの人と関わりたい」

「こんな事をしている人と繋がりたい」

と大勢の中の一人ではなく、一対一での関わりを

持てたら凄い事ですよね。

 

今回はパートナーのtakaが20代後半で体験した

「思い描いていた人と付き合えた」というお話をしたいと思います。

 

takaは子供の頃から海外に興味があり、

聞く音楽はビートルズやローリングストーンズなど洋楽メイン。

成人してからは英会話スクールに通い、

いずれ海外に住みたいと思うようになっていました。

 

語学を勉強するうちに彼の中では

「自分には外国人の彼女が出来るのが当たり前」

と根拠のない自信がわいてきたそうで(笑)

つき合っている風景とか、思い描いていたそうです。

 

 

ここでポイントなのが

①「でも・・やっぱり自分には付き合えそうにない」

 「出会ったとしても英語はダメだし・・」

→心配な要素があるのは解りますが、それは一回横に置いてみる。

 

②どうやったら上手くいくのか?

    →howtoも知識として大切ですが、叶うまでのプロセスを考えすぎない。

 

③叶った自分がいそうな空間、場所へ行く。

→takaの場合は外国人も来るロックバーでしたが、

例えば裕福層が利用する店とか豪邸が並ぶ住宅地とか空間に自分をなじませる事。

の3点になります。

 

その後takaは友人から「ドイツ人の彼女が出来たんだ♪」

と報告を受けた事で、「悔しいから自分はフランス人にしよう!」

と決めたそうです(笑)。

 

そして少し経ったある夜、新宿のロックバーで一人で飲んでいた所

店内には男2×女2の外国人のグループがいて、

そのうち一人がtakaの隣に座ったそうなので、

その彼女に「カナダ人なの?」と英語で聞いたら、

「パリから来たの、フランス人よ」彼女は答えたそうなので、

そこで意気投合→連絡先交換→つき合う事になったとの事でした!。

 

※この4人は旅行者ではなく、日本在住者だったそうです。

思い描いていた姿や雰囲気があっていたそうなので、

面白いタイミングで叶った事になりました。

 

その彼女とは一年ちょっと付き合ったそうですが、

色々面白かったそうですよ(笑)

 

彼女の家に行くと湯呑に味噌汁が入った物を出されたり(お茶の代わり?)、

見たことの無い不思議な文字が書いてあって、??と思っていたら、

「それ私が考えた漢字なの、意味はこれこれこうで~」

と言われたり、駅で待ち合わせをした時に、

先に彼女が到着していて鉄火巻を食べながら立っていた・・・とか。

ちょっと面白いけど可愛らしい感じの子だったようです(笑)

 

今回は外国人との恋愛話でしたが、これを置き換えると

色々な人間関係に使えそうなので、ご紹介しました。

自信がないのは誰でもある事だと思いますが、

まずは「自分にはその価値がある存在♪」と思う事が第一歩ですね。

 

 

自己肯定力を高くすると・・・

 

謙虚になる事は大切ですが、日本は自分への評価や自己肯定する力が

低いかな・・と感じる事があります。

これは教育も大きいと思うのですが、自信を持ちすぎると勘違いになるし

バランスが大切ですよね。

 

今回はtakaが「自己を肯定する」事で経験したお話をご紹介します。

 

それは1990年のバレンタインデー、

ローリングストーンズの念願の初来日公演の日。

 

1973年に武道館公演が決まりチケット販売終了後にも関わらず、                     「ミック・ジャガーの麻薬に関する逮捕歴」という理由で中止となった為、

この90年の東京ドームライブは本当にファンにとって待ち望んでいた時だったのでチケットは予想以上の争奪戦で周囲もget出来た人はいなく、                       当時25歳の彼は不安になりながらも、

「10歳からストーンズを聞いていて、こんなに好きな自分は絶対に行くべき存在」と強く思っていたそうです。

そしてある時池袋で英会話教室のチラシを配っており、彼はそこに入会するのですが、チラシを配っていた方の叔母にあたる方がアメリカ大使館で働いていたらしく、大使館のコネでチケットを一枚手配して下さり、席が一番前だったそうです!

*大好きな人達が目の前にいて同じ空気吸ってるなんてね・・(笑)

 

その後彼の周りも他から譲ってもらったり、高値で購入したりとget出来た人が何人か出始めたので、最終的には東京公演は4回行けたとの事でした。

 

既に行ったイメージングはしなかったそうですが、                                「自分にはその価値はある」と肯定する事や、                                  「どうやって手に入れるか」という手段を決めなかったのが良かったと思います。

「どうやって」と手段・方法を考えるのが普通ですが、                            あえてそれを決めないで「とにかくこうなる!」と結果を宣言すると、                      宇宙は思いもよらない方法でサプライズをくれます。

 

不安が止まらない時は「それは何か」を突き止める事は必要ですが、                       まずは自分で自己評価を上げるクセを付けると                                  周りからの扱い時も変わり、自分がいる空間は生きやすくなりますよ。

 

心の中で思う事、イメージする事は自由なので、                        まずは自分の事を誉めてあげて、大切な存在として扱ってみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

takaの不思議体験*予知能力*

 

アポート現象に続き、takaが体験した不思議をご紹介・・。

 

2001年、彼が電車に乗っている時(また電車です笑)に

ふと車内にある広告を見たら、

「新庄 ・メジャーで活躍中、巨人松井もメジャーへ」という見出しをみて

「あぁ~、松井もメジャーに行くんだ・・・」と彼は思った直後、

再度同じ車内広告を見たら

 

野球の話題ではなく、9・11のテロの話題に
すり替わっていたそうです!

 

「え!? え!?」と一人でパニックになり、他の広告と間違えたのか車両に飾ってある、広告を一つずつ確認したけど、やっぱり新庄・松井のやつがない・・・。

でもあの週刊誌独特の見出しの色も、新庄、松井という文字もはっきり覚えている・・・電車内で移動もしていない。

全く訳が解らずモヤモヤしながら、

また易の先生に聞いた所、予知能力の一種という事が解りました。

※この易の先生は易以外にも凄い能力をお持ちの方なので、

多方面にわたりとても詳しいのです。。

 

その後、松井元選手は2002年にヤンキースと契約する事になったので

たったの数秒間目にした情報は間違ってなかったんだ・・となりました。

 

予知能力やテレパシー、オーラを見る力特別な力ではなく、

私達に既に備わっている能力です。

皆さんも気のせいで流さずにいると、何か能力が開花するかもしれません。

 

※ちなみにオーラは練習すると見えるようになりますよ♪

 

 

 

これも収入のかたち?アポート現象

 

収入って様々な方法がありますよね。
仕事をした報酬や、家賃や公告からはいる物、
宝くじや相続やおこずかいなどなど、、、。
パートナーのtakaは
「お金が宙から落ちてきた」という経験があります。
それは主人が電車で帰宅中の出来事。
彼は立っていてつり革に掴まり、目の前にはOLさんが座っている。
その時にカサッと音がし空中で何かキラッとたので??って思っていると
そのOLさんが「落ちましたよ」と床を指先した先に千円札が落ちていたうです。

勿論自分のではないので「(;゜∇゜)??」ってなったそうですが、
誰も名乗り出る人はいないし、自分の正面の座っている人達は
皆寝ていたそうなので有難く頂いた、、という事でした。

千円札は新札ではなく、使い込まれた感じだったとのこと。

 

「これ何なんだいったい!」と言うことで、
易占いの先生のスタッフに聞いたところ、
「あ~それはアポート現象ですね~」という回答でした。

 

≪アポート現象≫とは

〝何か嬉しい事があり凄く気分が上がっている時に、
何かの拍子で多次元とチャンネルが合い、無い物が物質化するそうです″

その日彼はカットが綺麗なクリスタルのネックレスを買い、
凄く嬉しい気分だったそうなので
それが引き金ですね~との事で理由が分かり解決しました。

こんな夢みたいな事が実際起こるので、
収入アップを目指している方はイメージする事は
大事ですが、あまり「どの方法で」と決めず
宇宙に任せると想像以上の
ミラクルを起こしてくれますよ。
宇宙は無償で無限で豊かさを流してくれているので、
「生きているだけでずっとお金が入り続ける」
と思い生きていきたいです。
「身を粉にし、汗水たらして稼ぐ」という
一般常識からはハズレ為、
おそらく否定や批判されると思うので
あまり人には話さずこっそり、
ミラクルを起こして行きたいな~と感じました。