スピリチュアル用語1 ヒーリング・リーディング・チャネリングとは?

 

スピリチュアルやセラピー系のサイトやブログなどで良く目にする。

*ヒーリング
*リーディング
*チャネリング

というワードですが
スピ系の方以外からすると??と怪しくイマイチ分からない印象
だと思いますので、ちょっとご説明したいと思います。

 

≪ヒーリング≫

「癒し=heal」の進行形ですが、「元に戻す」事が目的。
願いを叶える為、幸せになる為の道から外れてしまっていて、
それを邪魔するブロック(感情)や生まれてから培ってきた信念(思い込み)
を綺麗にし本来の自分に戻す手法。

ヒーリングにより魂のくすみや歪みが取れていきます。
本やネットなどで「言っている事は解っているけど・・」

でも行動出来ない、思うようにならない場合はブロックが跳ね返して
いるので、吸収されずらくなっています。

 

≪リーディング≫

read=読むの進行形。

本を読むように魂の記録(アカシックレコードもこれになります)や
オーラ(その時の状態などが解ります)

あとは持ち物から持ち主の情報を読んで伝える事もあります。
鑑定より若干重くない印象でしょうかね

 

≪チャネリング≫

一番怪しまれる言葉かも(笑)
その方の守護天使やその他高い次元からの存在(霊ではない)
から情報を得て答える事。

その存在達に周波数を合わせてアドバイスや映像を
見せてもらい、クライアントに伝える手法。

それらを翻訳して相手に伝えるのがチャネラーと呼ばれる方になります。
直感やひらめきもチャネリングの一歩にあたります。

結構自分の思考が入ると正確なアドバイスが受け取れないので、
チャネリングをしている時は「当たっているのか?」

「正しいのか?」という事は置いておいて、見えたまま、
聞こえたままをお相手に伝えるのがポイントとなっています。

 

江原さんの影響でチャネリングを
「スピリチュアル・カウンセリング」
という方もいらっしゃいます。

みんなスピリチュアルを身近に感じて、
利用して欲しいという気持ちなんでしょうね。

 

私はチャネリングとアカシックレコード両方を学んでから、
繰り返してしまう負の出来事や原因、思い込み
などが気付けるようになりました。

自分で自覚しないとブロックが取れないので、
自分自身の為にも活用しています。
これが取っても取っても出てくるんですよね・・・。

幼少期や義務教育時代のふとした瞬間の出来事なんですが、
あんな事を言われた、あんな意地悪された、
凄く否定されてムカついた!とかetc・・・。

フラッシュバックが凄いです(涙)
でも自分の感情や思いは最終的に
自分で清算するしかないので
未来の為に心の断捨離を続けます。

以上スピリチュアル用語のご説明でした。
皆さんにも備わっている能力ですから、
特別な事ではないんですよ♪